映画『感染列島』に見る、組織としての有事対策

<ご注意>

本サイトは、2009年6月に公開されたセミナーの内容です。映画本編で描かれたのは新型コロナウイルスではありませんが、パンデミックに際し、どんな状態になり得るのかの参考になりますので、是非ご覧ください。

新型インフルエンザ対策セミナーを行いました

映画『感染列島』をケーススタディとした、新型インンフルエンザ対策セミナーを緊急開催いたしました。

映画『感染列島』のシーンをシミュレーションに、どのように感染が拡大していくのか、そこに起こりうる問題、そして社会がパニックに陥らないように、私たちは組織として、また個人として、いったい何ができるのかを考えるためのセミナーが開催されました。予約受付の段階で満席となった当セミナー、来場者の方から高い評価を頂き、急遽、当特設サイトにてセミナーの模様を特別公開することといたしました。当日セミナーにご参加頂けなかった貴方にも、今秋からの本格的「パンデミック(感染症世界的流行)」に備え、一見の価値アリです。

セミナーの様子

SCENE1
「感染拡大」

ウイルス感染が拡大していくメカニズムとは? また、その感染経路とは?
(7分39秒)
SCENE2
「パニック」

備蓄の重要性を物語る、物資不足のパニック状態とは?

(3分54秒)
SCENE3
「未知への恐怖」

いじめや嫌がらせ、白い目で見られるなどの風評被害は実際に起こるのか?
(6分56秒)

SCENE4
「対応ガイドライン」

マスク着脱にも的確な方法が?! また、病院における正しい診療とは?
(5分33秒)
SCENE5
「トリアージ」

同じ命でありながら、生命に優先順位?

(6分55秒)
SCENE6
「感染症対策」

病名すら確実でない中で・・・感染対策には何が必要なのか?

(11分06秒)

Entries

2009年07月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
  • 株式会社メディシンク